Photo Gallery ロボットプログラミング体験会

 

 

 

 

楽しく 学ぼう プログラミング

なぜ今プログラミングなの?

 
2020年より、小学校でプログラミング教育が開始されます。
 
しかし、まず確認しておくべきことは・・・
「プログラミング教育 = プログラミング言語を学習する」ではありません。
 
文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」には以下のように記載されております。(一部抜粋。)
 
プログラミング教育とは、子どもたちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』(※1)などを育むことであり、コーディング(※2)を覚えることが目的ではない。
将来の予測が困難な時代の中で、これからの子供たちに求められるのは、これまでにないような全く新しい力ということではなく、従来からも重視されてきている読解力や論理的・創造的思考力、問題解決能力、人間性等について、加速度的に変化する社会の文脈の中での意義を改めて捉え直し、しっかりと発揮できるようにすることであると考えられる。
 
※1) 『プログラミング的思考』とは。。
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力である。
※2)コーディングとは。。
プログラミング言語を用いてプログラムのソースコードを記述する作業のことである。
 
 
すでに学校では、『論理的思考の育成』や『アクティブラーニング』など従来とは違った教育を始動しています。例えば算数の授業では、先生が一方的に解き方を説明して覚えさせるのでは無く、子どもたち自身が最適な解き方を考えて実際に答えを導き出してみる、またそれを他者に分かりやすく説明する、などといった授業です。
そこで今、飛躍的に進歩したICT(情報通信技術)を教育の現場で活用し『プログラミング教育』を導入する事で、より大きな効果が得られると期待されています。
   

Pocketでみんなと一緒に

 
未来へ飛び出す子どもたちのポケットに
詰め込んで欲しい・・・きっと役立つ大切なコトを
 
プログラミング教室 Pocketではプログラミングの学習を通して を育んでいくお手伝いをしたいと考えています。

また、お子さまにはプログラミングを楽しい・おもしろいという動機で始めて、続けていただくことを大切にしたいと考えています。
 
 
なぜPocketは一斉授業なの?
 
ひとりで黙々と取り組む学び方であれば、今は自身で学べるアプリやワークシートがありますので自宅で学習する方が移動時間も省けますし、効率的です。
しかし、Pocketでは教室にあえて足を運んでいただくことで、プログラミングを通してお子様が講師やお友達と多く関わり合いを持ち、様々な力を養っていけるようにと一斉授業の形態をとっています。また、カリキュラムも一斉授業の良さを最大限生かせるように工夫されています。
グループで協力して一つの作品を作り上げることや、作品をプレゼンし合いお友達の意見やアイデアを聞いたり、お友達の作品から刺激を受けてまた新たな発想がうまれることも。。そして、自分の作品をどんなふうにアピールしたら、お友達に良さを理解してもらえるか?についても試行錯誤することになります。
それから、プログラム制作に何度も失敗してしまうような時にも一緒に考えヒントやアイデアをくれる仲間がいれば、あきらめずに最後まで頑張れるのではないでしょうか。
その他にもみんなでプログラミングに取り組むことには多くのメリットがあると考えています。

プログラミング(ジュニア)

ロボットプログラミングコース

ロボットプログラミングコース

対象:おおむね小学2年生~6年生
ソニー・グローバルエデュケーションのKOOV®(クーブ)を使用したロボットプログラミングコースです。
KOOV®のブロックはシンプルかつカラフルでポップなデザインです。「ロボットプログラミング = 男の子」のイメージが強く女の子に敬遠されがち・・・でも、このブロックであれば男の子だけでなく女の子の好奇心も刺激します。
マイクラ・スクラッチコース

マイクラ・スクラッチコース

対象:おおむね小学3年生~6年生
子どもたちに大人気のマインクラフト(Minecraft)とスクラッチ(Scratch)を使用したプログラミングコースです。
マインクラフトではそのゲームの世界の中で遊びながらプログラミングを学ぶことができます。また、スクラッチではゲーム、ストーリーやアニメーションなどの制作を通してプログラミングを学び、ジュニア・プログラミング検定にもチャレンジすることができます。どちらも視覚的でわかりやすいビジュアルプログラミング言語を使用しており、子どもでも楽しく簡単にプログラミングすることができます。