なぜ今プログラミングなの?

 

2020年より、小学校でプログラミング教育が開始されます。

 

しかし、まず確認しておくべきことは・・・
「プログラミング教育 = プログラミング言語を学習する」ではありません。

 

文部科学省の「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」には以下のように記載されております。(一部抜粋。)

 

プログラミング教育とは、子どもたちに、コンピュータに意図した処理を行うよう指示することができるということを体験させながら、将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求められる力としての『プログラミング的思考』(※1)などを育むことであり、コーディング(※2)を覚えることが目的ではない。
将来の予測が困難な時代の中で、これからの子供たちに求められるのは、これまでにないような全く新しい力ということではなく、従来からも重視されてきている読解力や論理的・創造的思考力、問題解決能力、人間性等について、加速度的に変化する社会の文脈の中での意義を改めて捉え直し、しっかりと発揮できるようにすることであると考えられる。

 

※1) 『プログラミング的思考』とは。。
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力である。
※2)コーディングとは。。
プログラミング言語を用いてプログラムのソースコードを記述する作業のことである。

 

 

すでに学校では、『論理的思考の育成』や『アクティブラーニング』など従来とは違った教育を始動しています。例えば算数の授業では、先生が一方的に解き方を説明して覚えさせるのでは無く、子どもたち自身が最適な解き方を考えて実際に答えを導き出してみる、またそれを他者に分かりやすく説明する、などといった授業です。
そこで今、飛躍的に進歩したICT(情報通信技術)を教育の現場で活用し『プログラミング教育』を導入する事で、より大きな効果が得られると期待されています。