失敗魂

ロボットプログラミング教室では2ヶ月目に入り、ロボットとタブレットだけでなくワークシートを用いてお友だちが講師から質問された内容について、自分の考えや気づいたコトを書くという作業を始めました。

 

予想どおりはじめはなかなか鉛筆がすすみません。
みんな頭の中にいろいろなことが浮かんでいるのに、間違っていたらイヤだなという思いが先に立ってしまうようです。

 

でも、ロボットを組み立てる ⇒ プログラムする ⇒ 動かす、この一連の作業には失敗や間違いはつきもの。。
何の問題もなくミッションをクリアできることは殆どなく、そこがロボットプログラミングの良いところだと考えています。

 

避けられない失敗を繰り返すことで、失敗や間違いを怖がらずに、ゴールを目指して何度でもTryできる失敗魂を養っていきたい!!と思っています。