Scratchの学習の後は…

暑いっ!と感じる日も多くなりましたが、まだ1日の中の気温差が大きい時期。風邪など引かぬよう体調の変化にお気をつけ下さい。
また春からの環境の変化に疲れがたまっている様子のお子さんも見かけます。楽しい計画もある時期ですが、心も身体もゆっくり休ませましょう。

この一年程、入会してくださる受講生のお家の方から「Scratchのコースが終わったら…おわりですか?」とご質問いただく事が多くなってきました。

これはとても大事な質問内容だと思います。

例えば小学生のお子さんがプログラミング学習を始める時、まずはプログラミングに強い関心を持ってもらい基本的な考え方を楽しく学習していきます。ここで使用するツールが学習効率の良いScratchになりますが、あくまでもプログラミング学習の入り口です。ですからジュニア・プログラミング検定でゴールド級に合格しても、それはプログラミング学習のゴールではありません。
もちろん、お子さんによって目標やゴールはそれぞれですが、たいていどんな事でも入門編までで終えたいと考え新たな事を始めるケースは少ないのではないでしょうか。

お子さんが楽しくプログラミング学習を続けられた時、『自由にスキルアップを目指せる学習環境を整えているか』という事はとても重要だと感じています。

Pocketには、小学生からプログラミングを始めて中学生になってもScratchの学習を続けているお友だちはいません。Pythonでロボットを制御したり、ゲームをつくったりSwiftでアプリ作成に挑戦したりとそれぞれがより実践的なプログラミング学習へとステップアップしています。

さらに、今年度より高等学校で必須科目となった『情報I』の授業ではテキストプログラミングを使用した学習が始まります。
せっかく始めたプログラミング、お子さんが意欲的に学習しているにも関わらずScratchの学習にとどめてしまうのはもったいないコトと考えています